お知らせInformation

  • 2016年8月8日

    お知らせ

    ワタリジャパン総革張りソファの革の基礎知識

    factry2

    今日はワタリジャパン総革張りソファの革の基礎知識のお話しです。

    革産業は食品業界の副産物として、その優れた部分が加工され家具などに生かされています。

    「皮」がなめし(タンニング)加工されて「革」として製品に生まれ変わります。

    代表的な革なめし方法

    *クロムなめし

    3価クロムの塩基性塩を使い、科学的製法による鞣し方です。
    ソフトな風合い、柔軟性、伸縮性に優れていてソファに使用される 革はほとんどがこの製法です。

    *タンニンなめし

    樹木の皮、果実、根などから抽出したタンニン物質から利用します。
    自然の色に染まり使い込むほど柔らかくなる特徴があります。(鞄やベルト等の革製品に使われる製法です)

    *混合なめし

    クローム、タンニンを併用する製法です。

    今日も専門的なお話になりました。
    ワタリジャパンのソファの革はクロームなめしで 製造されていて、ソフトな風合いで柔軟性があり伸縮性のある大変高品質な革です。

    是非1度、ワタリジャパンの新宿ショールームで本物の革のタッチを体験しにいらしてくださいね。

    今日はワタリジャパンの総革張りソファの革の基礎知識、なめし方法のお話しでした。

    レザーホームストアーズはワタリジャパンの販売代理店です。

    ワタリジャパンの新宿、大阪ショールームにて定期的に特別招待セールを開催しています。

    詳しくはレザーホームストアーズのホームページをご覧ください。

    お得な特典がたくさん掲載されています。